Video Library

Jase Ryan – Loose Forward Set-up

「ルースフォワードのセット(6番、7番、8番)」

 

スクラムの要といっても過言ではないルースフォワード。現代のスクラムでは、とても重要な役割がいくつかあります。そのうちの1つが「2番がフックしたボールを止めること」そしてそれ以外の重要な役割は?そういったポイントを織り交ぜながら、ルースフォワードのセットを教えてくれています。
セットをする上でもいくつかのポイントがありますので、ぜひフォワードコーチの皆さん、そしてルースフォワードの皆さんだけでなく、スクラムに入る選手の方は見てみてください!

 

Loose forwards are a very important part of modern day scrummaging. In this session Jase Ryan heads outside with his ‘stick’ and Powa Single Man sled to demonstrate.

このビデオにアクセスする権限がありません。

コメントを残す