Contributors

Doctor Sam Barke

ドクター・サム・バーク 

ドクター

サムはロンドンにあるGuy’s, King’s & St Thomas’s Hospitals Medical Schoolで教育を受けた。ウェスト・ミッドランズで研修医経験後、ロンドンで基礎の外科手術の研修を受け、その後、外傷性障害と整形外科を専門とした。サムはプレホスピタルケアとスポーツ医学の資格があり、スポーツイベントでの医療の計画と提供においては、豊富な経験がある。ここ数年サムは脳震盪の診察や治療に強い関心を抱いており、そのトピックについて国内外を問わず、プレゼンテーションを行ってきた。脳震盪の他に、彼は若い人々の腰の問題やスポーツでの怪我について関心があり、医療系ジャーナルと教科書にそのトピックが掲載される。サムは幼い頃からラグビーをしており、現在は、大人と子供両方にラグビーを提供する大きなラグビーコミュニティーの委員長である。アマチュアプレーヤーたちが、プロが受けるものと同じレベルの医療サービスを受けることを可能にするため、熱心に取り組んでいる。

Recent Articles

脳震盪:原点回帰

脳震盪:基本に戻る

当然だが、脳震盪はスポーツをする人、特に子供に教えている人にとって多くの問題を引き起こす。

コーチが一番心配していることを傾聴するのはなかなか興味 more